女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした(鳩こんろ)がヤバイ!

先日も紹介した鳩こんろの漫画「女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした」がヤバいくらい可愛いので再紹介です。
舞台は今にも崩れそうなボロアパート。
実際に作中では早々にこのボロアパートが壊れてしまいます。

しかも普通の壊れ方ではなく、天井が抜けて女の子が落ちてきたりしています。
いやいや、いくらなんでもこれは酷すぎでしょう。
大家さんに文句のひとつも言いたくなりますが、あいにく大家は可愛い女の子。
しかも主人公はベタ惚れです。
文句なんているはずもありませんね。

しかし、主人公には大家さんに文句を言ったりする前にやることがります。
それは落ちてきた女の子への対応。
2階から落ちてきて腰でも打っていたら大変、なのですが落ちた先は主人公の真上。
しかも息子の先っぽだったので怪我はありません。
そのかわり、落ちてきた拍子に先っぽが女の子の中に入ってしまうのですが・・・

もちろん先っぽだけ入れて満足するなんて男のすることではありません。
根元まで入れてこそ!なのですが、女の子が落ちてきた勢いで勝手に根元まで入ってしまいます。
漢気もクソもありませんね。
まあ、ヘタレな主人公にはこれくらいがお似合いなのですが笑

しかし、ここからは主人公が男を見せてくれました。
ここで「あ、すみません」とか言って抜いたら極刑ものですが、ここでだけはやってくれました。
まさにハプニングからの即本番という男の夢をかなえてくれるようなシチュエーションです。

落ちてきた女の子に対しては男を見せてくれた主人公。
次はラスボスともいえる大家の由紀さんが相手です。
この由紀さんはおっとりしていて可愛いのですが、何しろアパート経営ができるほどのウデの持ち主です。
由紀さんに対しても落ちてきた女の子のようにふるまえるのでしょうか?
というか、ここまで来て怖気づくなんてありえないので、落ちてきた女の子に俺の息子の先っぽ以上の展開を期待してしまいますね。

しかし、もし大家さんに入れるとしても2階の女の子はどうするのでしょうか。。
女の子が落ちてきたせいで、主人公の部屋と女の子の部屋は貫通してしまっています。
ここで由紀さんとやろうとしてら必然的に2階の女の子に見られてしまうことになってしまうのです。
まあ二人まとめてお相手するという展開もアリですが、さすがにヘタレ主人公には無理な気がします・・・

女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。って狙いよすぎだろ!

女の子が落ちた先は、俺の息子の真上!ってある意味狙いが良すぎて困ってしまいます。
しかも、臨戦態勢だったので、そのまま挿ってしまうという神業レベルの出来事です。

これだけ聞くと降ってきた女の子が服を着ていない様に聞こえてしまいます。
実は女の子は服は着ていたのですが、お芝居の練習のためにものすごく薄着だったのです。
女の子は部屋でお芝居の練習をしていたところ、部屋の床が壊れて下の階に落ちてしまったのです。

そして落ちた先は、俺の息子の先っぽだったので、そのまま・・・という都合が良すぎる設定です。
でも、もし仮に数センチずれていたら息子は押しつぶされていたことになるので、ある意味助かったと言えないこともありません笑

落ちた先で挿入なんて二人とも予想すらしていなかったと思います。
そして、予測できないトラブルが起きたとき主導権を握れるのは先に正気に戻って行動した側です。
この場合、落ちた女の子は一瞬反応が遅れてしまいました。
その隙をついて俺の方が先に動いたので、その後の主導権はずっと握りっぱなしです。
この状況下で主導権を握っているということは、好きなだけヤれるということ。
実際、女の子は落ちたショックと、ハメられた快楽でずっと対応が後手に回ってしまいます。

そして、その日は美味しい思いができたオレですが、翌日以降はちょっと話が違いました。
何しろ天井が壊れて女の子が落ちてきたなんて誰も信じません。
しかも、息子の先っぽに落ちてそのままヤってしまったなんてありえない話です。
どうやって大家さんに説明しようか頭を悩ませることになってしまいます。
女の子が落ちた先は、俺の息子の先っぽでした。では突然女の子が落ちてくるというトラブルをどう乗り越えるか先が読めない漫画です。