カテゴリー別アーカイブ: ぽろり

初エッチの相手は妹になっちゃった!

主人公である耕太と彼女の凪ちゃん、そして耕太の義妹・薫による三角関係(というか耕太争奪戦)が大まかなストーリーです。
もっとも本気で耕太を奪おうとしているのは薫のみで、凪ちゃんは既に彼女になっているという安心感からか、のほほんとしています。
そして、この”のほほん”とした凪ちゃんの気質こそが事態を悪化させる原因でもありますが。

薫は凪ちゃんと耕太が初エッチを済ませていないのをいいことに、自分が初エッチを奪おうとしてきます。
ここで凪ちゃんが薫の悪だくみに気がついて一喝すれば何の問題もないのですが、それができない(というか薫の悪だくみに気づいていない)ので、できません。
また、凪ちゃん自身も耕太との初エッチを急いでないので、薫を追い出しもせず、3か月も一緒に暮らしていたりします。

普通の彼女なら追い出すか、耕太と共謀して先に初エッチを済ませてしまうのですが、のほほんとした性格が災いして薫に付け込まれてしまいます
こう書くと薫が悪女に見えてしまいますが、初エッチの相手を妹にさせようと考える時点で相当性格悪いですね(見た目は可愛いですけど)
薫の行動原理は凪ちゃんに対する嫉妬でしかなく、本当に耕太のことを思っているようにも見えません。
その意味でも相当な悪役として登場します。
薫が正々堂々と勝負しないのは身体の魅力で凪ちゃんに勝てないと判っているからです。
凪ちゃんと一緒にお風呂になった時に、凪ちゃんの身体のエロさを目の当たりにして、勝てないと悟ってからは全力で裏工作に走ります。

薫が外出したスキにエッチをしようとすると読んで、わざわざ戻ってきて家中を探したりとかなりあくどいことばかりします。
その割に凪ちゃんの前ではいい子にしようとしますので、相当タチ悪いです。
これは凪ちゃんが薫の悪だくみに気づいて排除する以外、本当に初エッチの相手は妹になってしまいそうな気がします。